2011年を振り返って(2012.01.01)

新年のお慶びを申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


昨年はクリスマスイブの日にブログの執筆を終了していたので、年末は1年分の写真の整理などをしていました。
昨年多くの方に訪れて頂いた感謝を込めて、私が撮影した写真で2011年を振り返りたいと思います。

2010年5月17日よりこの「アルクノのブログ」を立ち上げましたが、アップロードした記事はこれを含めて182件になります。
昨年にアップした記事は105件で、その中で山歩きは47件と45%を占めていました。
残りは手作りの木工や彫刻、歴史に関するもの、ジャズライブレポートやウォーキング等です。
その山歩きの中身は神戸が中心ですが、兵庫県中部や京都、滋賀にも出かけました。
それらを引っ張り出して、風景やイベントの写真に私の趣味の写真等も加え、ユーモアを交えながらピックアップしていきます。
記事のURLは各項目の下に貼り付けておりますので、興味のある方や辿ってみたい方はご覧になって下さい。
情景や花の写真は1024×768又は682ピクセルにしています。


昨年最初の記事は、1月2日の「摩耶山天上寺へ初詣」です。
その朝、自宅前が3センチの積雪だったので、雪の風景を期待して登りました。
天上寺の屋根に残る雪は少しでしたが、ロープウェー乗り場のある掬星台に雪達磨がありました。
画像
ただ、鼻と口の部品が落下していたので、私が修復作業をして撮影しました。
と、その記事には書いてあります。
http://21846851.at.webry.info/201101/article_1.html

更に1月のものですが、六甲冬景色が続きます。

1月8日、山友と紅葉谷を下るときに休憩した川原です。
画像
ここまで下ると雪が薄くなっていたが、軽アイゼンを外さずに紅葉谷を下り終え、有馬温泉で新年会を実施しました。
アイゼン歩きが初めての女性も、「ラク~」と言いながらの下りでした。
http://21846851.at.webry.info/201101/article_2.html


次に1月11日、単独で摩耶山から六甲最高峰~魚屋道~有馬温泉駅とアイゼンを用意して歩いた時のものです。
六甲山小学校の近くで、可愛い子豚3匹が寝ていました。
画像
くまのプーさんに出てくるピグレットだそうです。
すやすやと寝ていたので、起こさないように、そっと撮影しました。
次に、六甲ガーデンテラスの食堂前です。
画像
楽しそうなアンパンマンの横で、寒さでガチガチと震えていたのはバイキンマン! 
でした。
http://21846851.at.webry.info/201101/article_3.html


1月17日、震災メモリアルデーも単独で六甲を歩いたが、極楽茶屋から山頂に向かって六甲縦走路を行くと、山肌に樹氷が広がっていた。
画像
このような樹氷を霧氷と表現する人もいますが、とても綺麗でした。
http://21846851.at.webry.info/201101/article_4.html


「六甲山氷の祭典」がガーデンテラスで開催されたが、2月10日に山友と訪れた時のものです。
画像
賞を受賞した優秀作ではありませんが、見直してみると一番印象に残っていたのがこのエイリアン像でした。
http://21846851.at.webry.info/201102/article_4.html


更に2日後、七曲り滝の氷瀑ですが(2月12日)、
画像
別の山友と紅葉谷から登った時のものです。
急坂を登って下った先にありましたが、感動が沸き上がる、正に自然が造り上げた氷の造形作品でした。
http://21846851.at.webry.info/201102/article_5.html


悲しい大地震もありました。
3月11日に発生した東日本大震災です。

六甲半縦・東コース(新神戸駅~市ケ原~摩耶山~ガーデンテラス~一軒茶屋(六甲山)~太平山~塩尾寺~阪急宝塚駅まで)約27キロのトレーニングを2010年12月より実施していましたが、震災2日後の13日に実施される第45回兵庫労山六甲全山縦走の大会には参加しないことに・・。
須磨から宝塚までの六甲全縦完走は自信がなかったので、後半の半縦走に参加しようと思っていたのですが私は参加を断念しました。
阪神大震災の時に酷く壊れた神戸を見ていたので、更に甚大な規模で被災した東北の状況を映し出す映像を見て、とてもコースを歩き続けるモチベーションを維持できるとは思えなかったのです。
原発事故による忌まわしい人災も重なって、いまだ復旧手つかずの所もありますが、今年は各地の復興が順調に進むことを願っています。
元日の新聞にもありましたが、過去に幾多の苦難を乗り越えて強くなってきた日本を今回も実現するものと信じています。


春になり、桜見物に小野市の「おの桜つづみ回廊」へ4名でウォーキングです。
神鉄フォトハイキングでしたが4月2日はまだ染井吉野が咲いておらず、大島桜が植わっているゾーンを過ぎて、更に上流の江戸彼岸がある場所まで歩きました。
画像
「染井吉野は江戸彼岸と大島桜を掛け合わせてできたものです。自ら増えることのない染井吉野は接ぎ木など人間の手によって広まる以外に手立てがない。」
という事をこの時に知りました。
温かみのあるふんわりとした本来の桜色ですが、短命の染井吉野と違ってこの江戸彼岸は数百年は生きるそうです。
http://21846851.at.webry.info/201104/article_1.html


桜が満開になると見頃になる片栗の花ですが、神戸市西区の雌岡山にある神出神社の裏で丁寧に育てられていました(4月10日)。
画像
貴婦人のような気高さとシャイな乙女のような恥じらいも併せ持つ、カタクリさんですね。
http://21846851.at.webry.info/201104/article_4.html


小野アルプスにある紅山ですが、急な岩稜から初めて登った時の様子です(4月21日)。
怖くて蝉の如く、岩にへばり付いていたアリマさんだったが、勇気をだして登り始めたところ。
画像
更に勇気のある年配の男性が、立ったまま下って行くのには驚かされました。
http://21846851.at.webry.info/201104/article_7.html


5月15日には神戸祭りが予定通りに開催されたので、一眼レフを抱えて撮影に出かけました。
画像
狙って撮れるものではないが、連写機能のおかげで宙返りを撮影。
同日のハーバーランド・スペースシアターでのアトラクションですが、元気なお嬢さんの歌と踊りです。
画像
近年ぽっちゃり系女子が人気ですが、テレビで活躍しているその方並みにポッチャリさんではないでしょうか。
そのHPには「見た目判断禁止」とあったが、明るくて元気一杯なのは見た目通りでした。
ただジャンプはほんの少しで、床から離れているようには見えませんでした^^。
http://21846851.at.webry.info/201105/article_6.html


6月、自宅庭のように度々通う神戸森林植物園へ(6月26日)。
画像
毎年のことですが紫陽花鑑賞です。
時期的にはちょっと早めでしたが、色づき始めた紫陽花にポツリポツリと雨が落ちていました。
http://21846851.at.webry.info/201106/article_7.html


なでしこジャパンが世界一になって一躍注目の花になりましたが、三木山森林公園に僅かながら自生していました(7月21日)。
画像
繊細で、可憐で、芯の強い日本女性そのもののナデシコさんだと思った次第です。
http://21846851.at.webry.info/201107/article_5.html


夏になると毎年神戸の港で花火大会が催されます(8月6日)。
画像
撮影のコツはその時のブログで紹介していますが、私にとって初体験の花火撮影でした。
画像
三ケ所から次々と打ち上げられる花火を、工夫して、なんとか撮影できるようになりました。
画像
http://21846851.at.webry.info/201108/article_2.html(前編)
http://21846851.at.webry.info/201108/article_3.html(後編)


8月の神戸はジャズでも盛り上がって、楽しいお祭りのようにヒートアップします。
一つは中学・高校生によるビッグバンドの祭典で、第27回になる「Japan Student Jazz Festival」(8月20~21日)。
年々参加校が増えて高校の部が1日に収まりきらなくなりました。
昨年は神戸文化ホールで2日間に渡って熱いバトルが繰り広げられ、グランプリの神戸市長賞は20日に出場した甲南高校が受賞しました。
残念ながら撮影はできない決まりですが、21日の様子は実況中継風に記述しています。
http://21846851.at.webry.info/201108/article_8.html

あと一つは、第3回になる「おやじジャズバンドコンテストin神戸」(8月28日)で、こちらは参加資格が40歳以上という決まりです。
兵庫県公館で開催され、グランプリは兵庫県知事賞。
その栄誉に輝いたのは御影ジャズランチクラブでした。
私が個人的にベストヴォーカル賞を差し上げたのはM’z BLANKEY のShieさんです^^)
画像
札幌で活動しているそうですが、是非神戸にも時々でいいですから来て欲しいと思っています。
http://21846851.at.webry.info/201108/article_11.html


私の場合は芸術の秋と言うより、趣味の秋と言うことで手作り部門から護身用ナイフです。
「護身用ナイフの塗装(2011.10.24)」で紹介していますが、9月から約1ヶ月かけて使用目的が各々違う5種類の護身用ナイフを作りました。
対猪用に始まって、熊用、痴漢対策用、セクハラ上司対策用、家族を守る為の大型ナイフと次々エスカレートしていきました^^。
このようにシリーズ物として制作して、それをブログに掲載したのは初めての事でしたが、なんとか塗装までやり終えることができました。
写真は塗装前の猪用(上)と熊用(下)の護身用ナイフです。
画像
右ブログテーマにある「護身用ナイフ」をクリックして頂くと全てが出てきます。
リンクは「護身用ナイフの塗装(2011.10.24)」です。
http://21846851.at.webry.info/201110/article_8.html


秋を代表的する花といえばコスモス(11月3日)。
画像
小野市の浄土寺近くで撮影したものです。
その帰り、小野駅へ向かって歩いていた時、あるお宅の庭先に薔薇が咲いていました。
色白の肌に薄化粧でも施したかのような表情でしたが、あまりにも美しくてとても麗しいので一目惚れしてしまいました^^。
画像
咲いていたのはこの一輪だけでしたが、一緒に歩いていた女性陣も感嘆の声を上げていました。
http://21846851.at.webry.info/201111/article_2.html


私は歴史にも興味があり、兵庫区歴史散歩道シリーズは2010年からの連載ですが、昨年11月8日の大輪田泊(おおわだのとまり)でひとまず終了しました。
今年の大河ドラマは平清盛が主人公です。
神戸の歴史物語には様々な人物が登場しますが、その主人公は清盛公!、と言ってもいいくらい重要な地位にあります。
ある程度の予備知識を入れておくと、ドラマも理解しやすいように思います。
写真は清盛塚と琵琶塚の間に立つ清盛像です。
画像
昭和の時代に造られたもので歴史的価値は無いようですが、清盛公のイメージとしてよく使われます。
http://21846851.at.webry.info/201111/article_4.html


秋と言えば何といっても紅葉。
しかし神戸森林植物園の紅葉はイマイチだったので、4月から毎月パトロールすることになった「太陽と緑の道」の道中にある石峯寺(しゃくぶじ)の紅葉狩りへ出かけました(11月17日)。
画像
普段、神鉄ハイクにご一緒している女性3名を引き連れて。
画像
ここの紅葉が素晴らしいことは、4月、最初のパトロール時ケンさんに同行して頂きましたが、石峯寺近くで作品を展示していた陶芸家さんに聞いていました。
それで実施したのですが、参加者は満足顔でした。
http://21846851.at.webry.info/201111/article_7.html


森林植物園の紅葉はイマイチのままでしたが、少し遅れて、その植物園から歩いて30分ほどの修法ヶ原池では
画像
見頃を迎えていました(11月24日)。
http://21846851.at.webry.info/201111/article_10.html


その2日後「篠山自然の会」主催の、千ヶ峰に登りました(11月26日)。
兵庫県では数少ない千mを超える山ですが、山頂付近は樹木が少なくて見晴らしが抜群!
画像
周囲360度を見渡せました。
写真中央の一番奥にある笠形山も眺望がいいそうで、何れ登りたい山です。
http://21846851.at.webry.info/201111/article_11.html


六甲山系の北側に座する丹生山系は自宅裏庭のようなものですが、無動寺裏から国道を登っていくと深い谷が眺められます(12月6日)。
画像
山裾には山田の里が広がっていて、私のウォーキングコースでもあります。
http://21846851.at.webry.info/201112/article_3.html


3月より仲間と京都一周トレイルを歩き出したが、6分割して12月10日にはゴールまで歩き終えることができました。
その最終回に訪れた、百人一首で知られる小倉山から眺める保津峡の渓谷です。
画像
此方は全国的にかなり有名な谷ということになります。
http://21846851.at.webry.info/201112/article_4.html(前編)
http://21846851.at.webry.info/201112/article_5.html(後編)


滋賀県は琵琶湖の東に座している、三上山(近江富士)にも登りました(12月15日)。
画像
裏登山道から花緑公園へと下りましたが、その公園から撮影した三上山です。
中高年にとって中級レベルの山ですが、幼稚園児でも楽しく登れる山として地元お子達のお気に入りだそうです。
http://21846851.at.webry.info/201112/article_6.html


さて最後、
12月22日に山友と忘年会を実施しました。
標高450mの森林植物園から三宮の繁華街へ下るという神戸らしいコースの後、忘年会会場へ向かう設定です。
画像
スタート地点の森林植物園にあった、このトナカイさんは素晴らしい出来栄えでした。
制作した匠さんには工作部門特別賞を贈呈します^^。
http://21846851.at.webry.info/201112/article_7.html



昨年は色んな事への挑戦や新たな事を始めた年でした。
年初から雪山六甲を何度も歩き、
3月から京都一周トレイルに取り組み、
4月には太陽と緑の道のパトロール隊員に選任されて毎月その担当コースをパトロールしました。
夏には花火の撮影に挑戦し、
11月には「篠山自然の会」に入会して翌年へと繋げることになりました。
手作りの方では多くの皆さんに、お褒めと励ましの言葉を沢山頂きました。

今年はその昨年の実績に負けるかもしれませんが^^;、
マイペースで頑張りたいと思っています。

低山歩きだらけになるでしょうが、今年も色んな神戸や近郊の山々の風景と四季の移り変わりを紹介していきたいと思っています。
趣味の手作り部門やジャズライブレポートは、不定期に時たま顔を出すという感じになる模様です。

長々とした文章をお読み頂いてありがとうございました。

最後になりましたが、今年1年、更にその先も重ねて宜しくお願い致します


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • てくてく

    アルクノさま
    あけましておめでとうございます。
    旧年は、山や野やパトロール、ジャズ、工芸品など、多岐に渡っての記事、楽しく拝読させていただきました。
    今年も、楽しい記事を楽しみにしております。
    今年も、よい年でありますように^_^
                        てくてく
    2012年01月01日 14:43
  • アルクノ

    てくてくさま、早速お立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。
    気持ち玉もありがとうございます。
    昨年は多くのメッセージを頂いて感謝しています。
    このような山歩きやイベントなどを織り交ぜたブログになると思いますが、本年もどうか宜しくお願い致します。
    てくてくさまにとっても、より良い年であるようにと願っています。
    新年なので、かしこまっています
    2012年01月01日 14:54
  • momi992

    明けましておめでとうございます。
    昨年はお世話になり、ありがとうございました。
    すばらしい作品にうっとり
    今年も期待しながら更新を楽しみにしています。
    よろしくご指導のほど、お願いたします。
    2012年01月01日 16:31
  • アルクノ

    momiさん、明けましておめでとう御座います。
    気持ち玉を沢山ありがとうございます。
    昨年の写真を纏められたデジブックには感動しました。
    1ヶ月で消えてしまうので、1月中にこの欄を読んだ皆さんは是非クリックしてのご訪問をお薦めします。

    momiさんに期待されると恐縮してしまいますが、このような路線で進んでいきますので、此方こそご指導の程宜しくお願い致します。
    2012年01月01日 16:56
  • あけましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いします。
    健康に気をつけて今年も頑張って下さい、山登りに多伎にわたる趣味の記事楽しみにしてます。
    2012年01月01日 17:11
  • アルクノ

    彩さん、明けましておめでとう御座います。
    気持ち玉もありがとうございます。
    これからも山歩きに趣味に時間を割いて頑張りたいと思っています。
    これからも、宜しくお願いします。
    2012年01月01日 17:21
  • eiji

    明けましておめでとうございます。
    今年も素敵な写真を楽しみにしています。
    どうぞよろしくお願いします。
    2012年01月01日 19:27
  • アルクノ

    eijiさん、気持ち玉もありがとうございます。
    新年おめでとうございます。
    今年の正月、此方の方は雪も無いのでのんびりしています。
    本年も宜しくお願いします。
    2012年01月01日 19:47
  • 清兵衛

    明けましておめでとうございます。
    昨年は辛いとしでしたが
    今年は明るい年にしたいものです。
    本年もよろしくお願いします。
    2012年01月02日 00:09
  • アルクノ

    清兵衛さん、新年おめでとう御座います。
    昨年は震災と不況が重なって暗い年になりましたが、今年は一つでも二つでも良いことが起こる年であって欲しいと思います。
    今年も清兵衛さんの成程と思わせる記事を楽しみにしています。
    2012年01月02日 08:13
  • yoppy702

    一年のダイジェスト版、スゴイ。
    ブログの醍醐味が一杯です。(^^)
    これだだけ見ても、精力的に動かれていますね。

    今年も、いろいろと勉強させて頂きます。
    本年も、宜しくお願い致します。
    2012年01月02日 12:36
  • アルクノ

    yoppyさん、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
    お褒め頂いて、気持ち玉もありがとうございます。
    これで、ブログの魅力が宣伝できたでしょうか。
    更に多くの方がブロガーになって、仲間が増えればいいなと思っています。

    yoppyさんのハートフルな記事の内容には何時も癒されており、これからも楽しみにしています。
    2012年01月02日 13:58
  • アリーノ

    新年おめでとうございます。
    今年も山歩きご案内や手作りの木工作品など
    素敵な写真を楽しみにしていますね。
    今年も宜しくお願いします
    2012年01月02日 19:59
  • アルクノ

    アリーノさん、新年おめでとう御座います。
    昨年を打ち負かすようにと、
    頑張りたいと思います^^)
    アリーノさんに見て頂けるように頑張りますので、本年も宜しくお願いします
    2012年01月02日 21:06
  • M

    おめでとうございます。こうしてブログを通して昨年を振り返ると色々とあったと実感しますね。私も最近は時を短く感じる年代となりましたが・・こうしてブログで振り返ると様ざまな出来事があり時間の流れと長さを改めて感じます。本年も良い思い出が出来ます事、祈念いたします。
    2012年01月02日 21:39
  • アルクノ

    Mさん、今年も宜しくお願いします。
    気持ち玉もありがとうございます。
    私もこうして振り返ると、一年間の旅をしてきたような気がしますが、今、その時間を噛み締めているのでしょうか。
    今年もその時間を味わいながら旅を続けていきたいと思います。

    2012年01月02日 21:56
  • サラ&メル

    明けましておめでとうございます。
    昨年はたくさんの気持玉やコメントをありがとうございました。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
    2012年01月03日 00:44
  • アルクノ

    サラ&メルさん、新年おめでとうございます。
    何時も気持ち玉やコメントをありがとうございます。
    今年も近郊の様々な風景や街の様子を紹介したいと思っていますので、宜しくお願い致します。
    2012年01月03日 09:16
  • 清兵衛

    新年明けましておめでとうございます。
    昨年は一年生ブログに励ましありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします。
    大好きな街神戸と六甲山の便り楽しみにしております。
    2012年01月03日 09:19
  • aoitori

    アルクノさん
    初めてコメント致します。
    明けましておめでとうございます。
    こちらで、沢山の清々しい景色を見て自分も忙しい現実を離れ空想の中で一緒に歩く事が出来て、とても癒されました。
    今年もご活躍を期待しています。宜しくお願いします。
    2012年01月03日 09:26
  • アルクノ

    清兵衛さん、新年おめでとうございます。
    いつも気持ち玉やコメントをありがとうございます。
    清兵衛さんの探究心あふれる深みのある記事には何時も感心しています。
    本年もどうぞ宜しくお願い致します。
    2012年01月03日 09:42
  • アルクノ

    aoitoriさん、初コメントをありがとうございます。
    年明けと同時に初詣する心がけが凄いですね。
    新年おめでとうございます。
    いつも綺麗な花に癒されています。

    ご期待に応えられるよう、楽しい記事を目指して頑張りたいと思っていますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
    2012年01月03日 09:55
  • 風子

    遅ればせながら新年おめでとうございます
    几帳面なアルクノさんならばの昨年1年の総集編・・
    こんな記事もまたいいですね
    摩耶山天上寺へ初詣の記事も覚えていましたし、屋歩きの好きなアルクノさんの好きなブログで、四季折々の自然も楽しまさせて頂きました
    これからも健康に留意されて、長く山歩きを楽しみくださいませ
    私は平地歩きのウォーキングを今年も頑張ります
    2012年01月03日 14:17
  • アルクノ

    風子さん、気持ち玉もありがとうございます。
    まだ三が日ですから、
    新年おめでとう御座います
    年末も新年も山に向かわず、久しぶりにゆったりとしています。
    自宅回りに雪がないので心配ですが^^)1月は連続して六甲雪山歩きを計画していますので・・。
    風子さんのウォーキング報告も楽しみです。

    昨年は沢山のコメントに気持ち玉を頂きました。
    本年もどうぞ宜しくお願い致します。
    2012年01月03日 15:40
  • LLスタッフM

    すごいまとめでした。
    1年間の行いがよくわかりました。
    これからも神鉄ハイクを応援してください。
    今年もよろしくお願いいたします。
    2012年01月04日 12:38
  • アルクノ

    LLと付けると分かりやすいですね。
    今年は頑張ってLサイズに縮めましょう

    スタッフMさん、昨年は色々とお世話になりました。
    本年もどうぞ宜しくお願い致します
    2012年01月04日 13:18
  • KURI

    昨年はいろいろとお世話になりました。
    最初に京都一周トレイルの記事でのご縁だったかと思います。
    今年も元気にたくさんの山を歩こうと思います。
    またご指導ください!
    2012年01月04日 18:13
  • アルクノ

    KURIさん、ありがとうございます。
    昨年は、KURIさんが不安を抱えながらも熱い心で山に挑戦し、その後も工夫している姿に感銘を受けました。
    今年も山歩き記事を楽しみにしています。
    私なんかまだまだですが、本年も宜しくお願いします。
    2012年01月04日 19:54
  • かっぱちゃん

    1年もダイジェスト版、美しい写真がいっぱいですね♪
    アルクノさんのブログの写真は美しくホッとする温かみがあるので大好きです。
    今年もよろしくお願いいたします(*^^*)
    2012年01月07日 16:09
  • アルクノ

    かっぱちゃん、ありがとうございます。
    楽しめて頂けて嬉しく思います。
    その場の雰囲気や臨場感を感じてもらえるように頑張りたいと思っていますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
    2012年01月07日 22:41
  • wako fujii

    いい一年を読ませて頂きました。
    遠地で私も休日には少しは歩いていますが
    届きませんね
    2012年01月08日 08:02
  • アルクノ

    wako fujiiさん、本年もどうぞ宜しくお願いします。
    歩くことを続けられ、あと数年頑張れば、ご褒美にサンデー毎日がやってきますよ。
    2012年01月08日 08:36
  • うらしまおばさん

    新年の初めに一年を振り返ってみるのは大切なことですね。気持ちも新たに今年もよろしくお願いします。鎌倉で寝る三匹の子ブタさんが可愛いです。六甲山にも雪が降るのですねえ。
    2012年01月08日 19:11
  • アルクノ

    うらしまおばさん、本年もどうぞ宜しくお願いします。
    1月は12日からあと3回、六甲へ向かう予定ですので雪の増え方に注目です。
    三匹の子ブタさんは、5日に逆コースで六甲山小学校を下りましたが、いませんでした。
    雪が少なかったので、どこかのお家で寛いでいたのかも知れませんね
    2012年01月08日 19:31

この記事へのトラックバック