竹で作った湯飲み(2013.06.01)

順位 132位 アクセス数1267(2019.6.30調査)

汗ばむ季節となって、待ちに待ったアルコールのシーズンですが、私は毎日あれこれ呑んでいます^^)

今回は珍しく、アルコール類と決別してお茶の世界へ。
たまには、日本茶も頂くのです。
入梅で、お茶を飲む機会も増えます。
画像



私の山歩きやイベントの記事は大体が長文になっています。
良く存じ上げない方から「3部作にしてはどうでしょう?」とアドバイスを受けた事があります。
なので、何時もお立ち寄りの皆様方にはお時間を取って頂いている事と思います。
申し訳御座いません
その方達にゆっくりしていって欲しいと思い、竹で作った湯飲みをご用意しました。


制作過程です。
鋸でカットしたあと、ナイフとヤスリで形を整えます。
画像

ササッとできてしまったので、途中の写真はありませんのです。

その形が大事と思い、
画像
中央部に少しクビレを加えています。
こうすると持ちやすいので。

飲み口部分は丸みをもたせ、
画像
ウェーブ加工もして陶器に似せた感じにしています。
実はこの竹の外観が円ではなく、いびつな形だったので、
画像
湯飲みを作ろうと思い立ちました。

着色は毎度お馴染みの、水性オイルスティンで色はオールナット。
画像
軽く下塗りのあと、筆のタッチを加えています。

水性塗料なのでこのままお茶を注ぐと、茶色のお茶になってしまいます^^)
そこで、上塗りは透明漆。
画像
渋い光を放つ湯飲みになりました。
画像
渋いお茶が似合うと思います。
画像
底に書いてある落書きです。
画像
日頃山歩きをしている私は、九つの谷を渡って峠を乗り越えたりしています。
その意味を込めたもので、有名な焼き物ブランドを意識したものではないのです。

足は極端に短いが、3本で安定しているのでゴトゴトしません。
画像

漆塗りは、気泡を立てないようにゆっくり撫ぜるように塗布するのを良しとするが、これはササッと大雑把に塗っています。
画像
そうする事で気泡が発生し、それが潰れて、陶器の表面に似たザラザラした感じになります。
画像


塗装に関しての注意点です。
ご子息がお持ちの絵の具で着色してもいいですが、水性塗料で着色のあとは油性塗料で仕上げる事です。
水性ニスなどで仕上げると、下地の模様やタッチが水で溶けて流れてしまいますのでご注意下さい。
漆を使った漆器は熱いものでもOKなので、仕上げは漆がお勧めです。


今回、竹の香りは期待できません。
お茶本来の味と香りをお楽しみ下さい。


最後まで御覧頂き、ありがとう御座いました



"竹で作った湯飲み(2013.06.01)"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: