竹製ビアジョッキ Type2(2013.04.02)

竹製ビアジョッキの2弾です。 Type1の進化系ですが、さらに持ちやすいようにしています。 前作は、二つの大きな穴を開けて手を通すようにしていました。 本作はハンドルを持つ感じで、置いた状態からすっと持ち上げられるようにしています。 注いだ飲み物が一杯入っていても、ぐらつくことなく持ち上げられると思います。 これに入る量です。 Type1はほぼレギュラー缶の容量でしたが、…

続きを読む

竹製ビアジョッキ Type1(2013.03.28)

これから花見の季節で桜の下で花見酒もいいですが、暖かくなると欲しくなるのが冷たい発泡性のアルコール飲料です。 その代表格がビールと言う事で、竹で作ったビアジョッキを用意しました。 今回Type1としたのは、作っているうちに次のアイデアも浮かんできたからで、 順次Type3まで公開していきます。 作り方の説明も不要ですね。 見ての通りで、どちらからでも指が通るように大きく2箇所に…

続きを読む

竹細工・燭台s(3013.03.17)

タイトルにあるsは複数形の意味です^^) 居間で蝋燭に火を灯すなんて現代ではあまり無いことですが、電力の受給状況により今後は起こり得る事です。 その、もしもの為に燭台を作りました。 やや斜めにカットしているので高さは60~70mm、楕円形なので直径は70~78mmです。 中央にキリで穴を開け、下からネジクギを通しています。 使用時は竹に燃え移ったりしないよう、アルミホイ…

続きを読む

竹細工・ハンコ立て(2013.03.10)

ハンコ立て用に逆さ富士を彫ってみました。 湖畔に雑草が生えている、という設定です。 説明は不要だと思いますが、彫刻刀で削って白い下地を出しています。 背景を変えて、 これで雰囲気が出ているでしょうか。 実は、富士山が三文判を隠しています。 最初はこんな感じでしたが、 バランスが悪いので、草が生えている情景に変更しました。 「はんこ立て」繋がりで、簡単に作れ…

続きを読む

竹細工・鉛筆立て(3013.03.08)

筆立ては最近作っているので、此方は鉛筆立てにしました^^) 本来持っている竹を割ったような真っ直ぐな性格を無視して、螺旋状のデザインです。 先端の尖った部分は、使用に際して怪我しそうなのでこのあと削り落とします。 前作の曲線を取り入れた「ぐい呑Type2」に続いて曲線シリーズです。 まず、ビニールテープを螺旋状に貼り付け、 テープの上と下をノコギリで切っていきます。 細かい作…

続きを読む

竹細工・ぐい呑Type2(2013.02.20)

曲線を取り入れて作ったので、前作よりは難易度が上昇しています。 このようなテキストがある訳ではないので、頭の中でイメージを作り上げてから制作に取り掛かりました。 前作はぐい呑♂でしたが、今回は女性向けのぐい呑♀としています^^) まず、角度をずらしてノコギリで切り込みを入れます。 切り残している所を、マーカーを使って曲線で繋ぎます。 ちょっと頭でっかちなので、この後、カ…

続きを読む

竹細工・ぐい呑(2013.02.17)

16日(土)に予定していた六甲ハイク・七曲滝の氷瀑見物は、木曜日迄の気温上昇と前日の雨で中止に。 私の体調は戻りましたが、山歩きの再開は延期になりました。 筆立てに続いて竹細工です。 13日から手がけていたが、他の作品も同時進行していました。 本作だけだと二日もあれば仕上がると思います。 まず足となる部分に4箇所、ノコギリでV字に切り込みを入れてカットする。 考えてみると…

続きを読む

竹細工・筆立て(2013.02.14)

1日でできる竹細工です。 まず、直径4センチくらいの竹を用意し、節を中心にして上下共に5~6センチをカットします。 枝を一部残して皮を削り取り、足となる部分を作るため彫刻刀を使用します・ 足ができたら、次は上の部分ですが、変な形に削っていますね。 これは、竹の厚みを利用してハート型にする為です。 モニター画像も雰囲気に合わせて竹林をご用意しました。 筆記用…

続きを読む

護身用ナイフType9(2013.02.07)

順位 127位 アクセス数1282(2019.6.30調査) 2012年6月以来の護身用アイテムです。 竹で作りましたが、今回はナイフと言うより武器の範疇に入る大型のものになりました。 用途は熊対応を想定しています。 以前に作成した木製の熊対応護身用ナイフだが、 これで戦うとなると、熊さんと同レベルの腕力が必要かも知れませんね^^; (過去ログ「護身用ナイフの塗装」よりコピー…

続きを読む

手作りメガネスタンド(2013.01.18)

順位 13位 アクセス数4559(2019.6.30調査) 2011年11月でしたが、木製のメガネ置きを制作しました。 http://21846851.at.webry.info/201111/article_6.html 興味のある方は上記URLをクリックしてご覧下さい。 今回はメガネスタンドです。 百均で手に入る板で作ることができます。 私が購入したのは、450×90…

続きを読む

木工の杖 ゴールドスネイク(2013.01.05)

ご好評頂いた(と、勝手に思っている)年初の2012年総集編 http://21846851.at.webry.info/201301/article_1.html に続いて、本年第2弾です! 今年は巳年。 巳年の方は全国民の12分の1くらいはおられると思います。 私は子年の鼠で、ヘビに丸呑みされる立場にあります^^) しかし、今日まで60年以上も丸呑みされることなく生きてこら…

続きを読む

木彫り・ナイフとフォークの親子(2012.10.07)

かなり、久し振りの木彫りです。 前回作は4月7日の「足の形をした靴べら」だったので、丁度半年振りと言うことになります。 興味のある方は右のブログテーマ「木彫り」をクリックすると他のものと一緒に一覧が出てきます。 ナイフとフォークと言っても、実用性はゼロのお遊び作品です。 アイデアが浮かんだのは7月ですが、どのように仕上げていいのか分からず、長い間ほったらかしでした。 9月下旬か…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフType8(2012.06.21)

順位 44位 アクセス数2400(2019.6.30調査) 前回の「杖の制作」に続いて木工細工です。 終わったはずの護身用ナイフシリーズがまた登場しましたが、雨が続くと、お出かけ出来ないので室内作業がはかどるという事になります^^) 今回は原点に戻って、猪など獣対応の護身用ナイフです。 神戸六甲山系の場合は猪ですが、京都辺りの山には猿や熊もいることでしょう。 これは小熊までなら…

続きを読む

杖の制作(2012.06.17)

順位 5位 アクセス数9194(2019.6.30調査) 私が日頃山歩きに持って行くストックは登山用品店で購入したものではなく、自作の木製で「杖」と言っても差し支えないものです。 長時間電車移動する場合は面倒なので持って行きませんが・・。 今回はその杖の制作過程をお見せします。 その自作の杖は2本や3本ではなく一生かかっても使い切れないくらいのストック(笑)があります。 数…

続きを読む

木彫り・足の形をした靴べら(2012.04.07)

自立する靴べらシリーズ第3弾です。 初回作は女体の形をしていました。 http://21846851.at.webry.info/201103/article_8.html 次はユーモラスな鳥の形でした。 http://21846851.at.webry.info/201106/article_8.html 興味のある方はクリックして御覧下さい。 木工細工・護身用ナイフT…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフType7(2012.04.02)

順位 165位 アクセス数1138(2019.6.30調査) 以前作った短刀をリメイクしてみました。 それは「木工細工・ナイフにスプーンに木刀など」で紹介しています。 http://21846851.at.webry.info/201008/article_8.html 2010年8月にアップしたものですが、他にも色々作っているので興味のある方は御覧になって下さい。 大きさが分…

続きを読む

木彫り・はんこ作り(2012.03.07)

順位 32位 アクセス数2815(2019.6.30調査) 「はんこ立て」は過去に二度制作して記事にアップしたが、「はんこ」そのものを作るのは初めての事です。 ブロガーの皆さんは御自身のハンドルネームをお持ちですよね。 私の場合はアルクノなので、その「アルクノ」を「はんこ」にしてみました。 トレシングペーパーに、はんことなる材料の外周をなぞり、その中に文字を書き入れる。 それを…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフ Type6(2012.02.19)

順位 137位 アクセス数1244(2019.6.30調査) 護身用ナイフシリーズは昨年10月にType5まで作製し、同月その塗装も実施して一旦終了しましたが、この度復活しました。 過去の作品も全て木製ですが対猪用に始まって、熊用、痴漢撃退用、セクハラ上司撃退用、家族を守る為の大型ナイフと5種類の護身用ナイフを作りました。 今回は敵を限定せず色んなシチュエーションの護身用だけに徹したナ…

続きを読む

木工細工・時計スタンド(2012.02.03)

実用的木工細工シリーズです。 「はんこ立て」に「眼鏡置き」ときて、次に日本人が所持しているもので多い物は・・と考えて、じっと手を見る。 腕に時計が巻かれていたので、これだ! と、直ぐに取り掛かりました。 腕時計をしている人で、木工が好きな人はどれくらい居るのだろう。 相当の人数だろうと思います。 その人達にお届けします。 取りかかかったのは、1月20日。 ボールペンでイメ…

続きを読む

木工細工・ハンコ立てセット(2012.01.15)

順位 191位 アクセス数1045(2019.6.30調査) 昨年11月に、簡単にできる木工細工としてハンコ立てを紹介しました。 http://21846851.at.webry.info/201111/article_1.html それは木の枝を斜めにカットして穴を空けただけのものでした。 今回は朱肉ケースにボールペンもセットにして置いておけるものをと考えて、早速作りま…

続きを読む

花の彫刻・お正月用(2012.01.11)

これは2009年の年末から手がけていたが、約2年間ほったらかにして、2012年1月にやっと完成しました。 昨年末にあることがひらめいて、一気に制作が進んだということになります。 コンセプトは踊る一輪の花です。 材料は2009年12月に百均で購入した円柱の木材で、植木鉢の花を作ろうとしていました。 今から思うと、よく写真を撮っていたものだと思います(2009.12.27)。 …

続きを読む

木彫り・竹製ナイフ(2011.12.07)

これは竹を加工した物ではなく、木を材料にして竹で作ったナイフのように仕上げたものです。 木目が入っているので、木製だと直ぐに分かっちゃいますが^^) アイデアは、ナイフ販売店で陳列品を眺めていて思い付きました。 それは竹の風合いを表面に施した和風切り出しナイフでした。 竹のような形のナイフだったので、竹のような木製ナイフを作ってみようと考えた訳です。 私のアイデアも入れて作ってみよ…

続きを読む

木工細工・メガネ置き(2011.11.16)

順位 131位 アクセス数1271(2019.6.30調査) 今回は、前回の「はんこ立て」が http://21846851.at.webry.info/201111/article_1.html 簡単に出来てしまう人向けの実用的な木工細工です。 実用的木工細工シリーズ②ということになりますね。 かつて、メガネをかけてカメラを持っていれば日本人と海外の人に言われていました。 …

続きを読む

木工細工・ハンコ立て(2011.11.01)

簡単に作れるハンコ立てです。 宅配便が来て「ハンコ下さい」となった時、さっと出せてスマートに収納できるものです。 ハンコケースに収納して抽斗に入れておいたりすると、いざというとき面倒ですね。 誰しもが経験していることだと思います。 認印であれば、すぐ出せる方がいいでしょう。 そこで、私が考えたハンコ立て。 木を斜めにカットして、その斜面に穴を彫っただけのものです。 (脇の引…

続きを読む

護身用ナイフの塗装(2011.10.24)

順位 93位 アクセス数1558(2019.6.30調査) 9月から10月にかけて、5種類の護身用ナイフを作ったがその作品に塗装を施しました。 タイプごとの機能に合わせて塗装も工夫してみました。 護身用ナイフ其々の制作意図や使用目的に興味のある方は右のブログテーマ「護身用ナイフ」または「手作り」をクリックして御覧下さい。 色んな木工作品の塗装としても参考になると思って紹介します。 …

続きを読む

木工細工・護身用ナイフ Type5(2011.10.10)

前回のセクハラ上司撃退用Type4完成後、今回の制作に取り掛かかりました。 コンセプトは家族を守る為の大型護身用ナイフというもので、「一家に一本」備えることをお勧めします。 普通の木刀を作るつもりだったが、木刀という範疇をはみ出て、今まで想定してきたあらゆる敵に対応できる武器となりました。 しかし、全長は633mmと長いので携帯には不向きです。 材料はシカシの木で、Type3の材料(…

続きを読む

木彫り・護身用ナイフ Type4(2011.10.05)

彫刻の心得のある人なら簡単に作れるアイテムを紹介します。 ドジョウの形をしたファイルオープナーです。 ドジョウで検索すると現総理大臣が何項目も出てきますが、これは特定の人物やお魚さんをモデルにしたものではありません。 機能性を考えて作っていったら、たまたまドジョウのような形になりました。 (以下の写真もクリックすると大きくなります。) 周りの栗も、この木彫りとは何の縁もありませんが、季…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフ Type3(2011.09.25)

賊が入ってきたときの用心の為に私が作っておいた未公開の木刀だが、3次元的に曲っていた。 しかも、それなりのスタイルはお世辞にも美しいとは言えなかった^^) (この写真の奥側にも曲っている)長さは860mmと長かったので、その曲っている先端部分を捨てようと思って鋸でカットする(9/20)。 この捨てようと思ったものを手に取って、利用方法を考えてみる。 両端を尖らせた護身用ナイフが出来ないも…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフ Type2(2011.09.12)

前回は猪対応の小型ナイフでしたが、今回は熊迄の大型動物にも対応できる護身用ナイフです。 材料は前回と同じシラカシの木を使用します。 前回の「木工細工・護身用ナイフ」は此方を御覧下さい。 http://21846851.at.webry.info/201109/article_1.html 1日目・荒削り(9/9) 中心線を引き、工作ナイフで削っていきます(以下の写真はクリックすると…

続きを読む

木工細工・護身用ナイフ(2011.09.06)

順位 159位 アクセス数1156(2019.6.30調査) 山で出会う獣に対処する為、護身用ナイフを作りました。 神戸近郊の山では猪がよく話題になりますが、山中獣に襲われる事件として新聞やテレビ報道に登場するのも殆んど猪です。 対処法として考えたのは、両手でナイフをしっかり持って突進してくる猪に真正面から立ち向かい、その突進力を逆手にとって顔面めがけて突き刺すと言う方法です。 その…

続きを読む