網戸の張り替えを手際よくやるには(2014.06.07)

梅雨に入るとなかなか行楽の計画が立てられず、
立てても計画倒れになることが多いですね。

本日も断続的に雨の降るお天気でした。

そこでこの際、家の中で作業と言うのも一つの手です。
家の中を見回してみると、そろそろ限界という箇所もあるのでは?

夏場対策と言う事で、網戸にスポットを当てます。

網戸の張り替えなんて面倒で、難しい~!
と、お嘆きの貴兄も多いかと思うが、
割と簡単なんです。

初めてだが一人でやってみよう~と試みる方には朗報の記事です^^)

実は浴室の網戸の防虫網(以下網)が一部破れていて、限界どころかボロボロ状態でした。
数年前に、他の網戸を張り替えた経験があるので、この際実施することにした次第です。

材料は予め準備していたが、順を追って説明していきます。
今回、所々で躓きながら進めています。
最後までご覧頂くと、更に手際よくする方法が分かる仕組みになってます^^;

気になる写真はクリックしてご覧ください。


①  網について

小さな虫対策用として30メッシュのものがあるが、一般的には24メッシュで十分だと思います。
網を細かくしても、網戸とガラス戸との隙間からも虫が入ってくるので、完全防備と言う訳にはいかないのです。
目が細かくなるほど高価になり、通気性も低下します。

網は大抵91センチ幅でOK牧場ですが、ベランダの場合だとそれを超えるものもあったりするので(我が家の場合)、予め計測してから購入した方がいいです。
色はグレーが一般的で、サッシの色や家の雰囲気に合わせて白や黒、更に淡いカラー等を選ぶことができます。

一部だけ色を変えると外から見て変な具合になるので(我が家の場合^^)変える時は全て一緒に、の方がいいでしょう。
白や色物の場合は定期的に外して洗浄しないと、徐々にですがグレーに変色していきます^^;


②  準備

サッシと網を古新聞の上に置きました。
画像
サッシは、止めていたゴムを外して網を除去し、
屋外で洗浄して乾かしています。
網は、幅91センチ×6mで、色はグレー。

ゴムの太さも調べずに購入に向かった私のようなオッチョコチョイの為に、この様なものがあった。
画像
実際は3.5mmで、一般家庭用は3.5mmだと思います。
右が使うゴムで、左は不要になったものです^^;

心配な方はゴムの一部を切り取って、ホームセンターに向いましょう。


③  ゴムをセットする

 
網をクルクル転がして、サッシを覆います。
最初にコーナーの少し手前からゴムを押し込んでいきます。
画像
理由は角をしっかり止める為です。
時計回り、反時計回りのどちらでもOK牧場ですが、
長い方を最初の辺とします。
画像
爪で押し込んでいますが、一番原始的な方法です^^:
実は駒をクルクル回しながら押し込んでいく道具があります。
家にあるはずと思ったが、行方不明になっていた^^;

探し回って出てきたのはコレ。
画像
何とか使えます。
画像

網の縁とサッシのラインが平行になるように押し込んでいきます。
画像
端まで来たところで、
画像
網を切断します。
画像
最初に切断しなかったのは、ロール状の網がめくれ上がるのを防いでくれるからです。

次にL字に、その端を仮止めします。
画像
ここで小休止して、部屋を探し回ると、使えそうなものがあった。
画像
これで仕事が捗ります。

要するにゴムの幅より狭くて硬いものであればいい訳です。
ただナイフだとゴムを切り刻むことになるので、使えないことは御承知かと思います。


④  綺麗に張るには


L字が終わって、対面の辺になります。
これが最大の重要事項で、押し込むポイントの先を引っ張りながら作業を進めます。
画像
弛みを無くすためで、これをしないで押し込むと周囲が凸凹になります。

写真の赤↓から右が弛んでいます。
画像
その左側の部分との違いが分かると思います。
これをしっかりすることで、ぴっちりした網となります。
その補助として、
画像
引っ張り気味に足で抑えることも有効技です。

何処で休憩をとってもOK牧場ですが、先が見えてきたので、
画像
ここで小休止。
座っていますが、常に前かがみなので疲れます。

最後の辺も同じやり方です。
画像



⑤  ゴムの切断

画像
短いといけないので、少し長めに切断しましょう。
画像
ポイントを合わせると、尺取虫のようになるが、
画像
気にせず押し込んでOK牧場!
画像
一周に満たない、短いゴムを複数本使用する場合もこのようにします。

今回残ったゴムと、次回購入したものを併用する場合はそうなります。


⑥  張り具合の調整

張り具合の最終チェックです。
画像
赤↓の部分が少し盛り上がっています。
この様な場合、網を引っ張り上げてゴムを浮かせます。
画像
その網を水平方向に引っ張りながらゴムを再度押し込むと、
画像
膨らみは消えます。


⑦  余分な網の除去

前回はカッターナイフで切り取っていたが、時間がかかるし凸凹になります。
そこでこの様なものを購入していた。
画像
図に書いてある通りに四隅をハサミで切り取り、余分な網を引っ張り上げながらスライドさせるだけで綺麗にカットできます。
コツは、強めに押えてスライドさせる事。
画像
引っ張り上げるのは軽くていいです。

髭が残る場合は、ハサミでカットする。
画像
髭を無理に引っ張るとゴムが抜ける場合があります。
網のカット後にゴムが抜けると、修復作業が難しくなりますので。


⑧  完成

画像
「父ちゃん、上手やわ~!」と奥様に褒めてもらいましょう。
画像
勿論、奥様がやってもいいわけです。
その場合は、「母ちゃん、見直したわ~!」とご主人から拍手が頂けます。

独身の方は、出来上がった写真を親族に送って自慢しましょう。
「うちの風呂場もお願い♪」となって、完成後に美味しいビールが頂けることでしょう^^)

材料費は、防虫網、ゴム、カッター合わせて千数百円でした。


最後までご覧頂いて、参考になりましたでしょうか。


やり方などの相談や質問はコメント欄にどうぞ。


OK牧場だった方は、気持ち玉をプチッと^^)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 68

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • てくてく

    エッ網戸の張り替えやっちゃたんですか。
    流石、芸術家だけあって器用ですね。

    しかも、仕上がりはプロ並み。
    よく読んで、張替え挑戦してみます。^_^
                          てくてく
    2014年06月08日 11:36
  • アルクノ

    てくてくさま、早速のコメントありがとうございます。
    ゴムを押し込むのに周囲のものを利用する点が、器用と言えるかもしれませんが、やってみると簡単なんです。
    仕上がりは綺麗に見えるように、
    撮影技術を駆使しました^^)

    是非挑戦して頂いて、奥様からのお手当てを頂戴しましょう
    2014年06月08日 11:56
  • 凡稔

    お見事!! さすが、アルクノさん。
    私も今までに何回かやりましたが、不器用さといい加減さが重なって、いつも網がたるんでぴったりしなかったんです。
    まだ、網戸の張り替え箇所はありませんが、この次やるときは参考にさせてもらいます。
    2014年06月09日 09:42
  • アルクノ

    凡稔さん、ありがとうございます。
    多少弛みがあっても、網戸としての実用性は問題ないですけど、場所によっては外から丸見えなのが気になりますよね。
    そこで、誰にでもできるようにと手順を考えてみました。
    次回はこれでバッチシです。
    頑張ってください
    2014年06月09日 10:54
  • yoppy702

    エッ!網戸って、自分で張り替える事ができるんですか!
    この詳しい説明を見ていたら、何か、出来そうな気になってきましたが…
    ちょっと、網戸を見てきます。
    …(見にいってるところ)
    確かに、ゴムで押さえてました。
    この説明の構造でした。
    それに、ゴムが、かなりヒビ割れてました。(^^)
    でも、この作業って、手先の器用なアルクノさんやから出来るのと違います?
    ボクがやると、無茶苦茶になりそうな予感もありますね。
    でも、ダメもとで、やってみる価値はありそうですね。

    この説明…説明というより、マニュアル完全版ですね。
    これのお蔭で、網戸屋さん、メンテ注文が減るかもしれませんネ。(^^)
    2014年06月09日 14:41
  • 花咲か爺

    さすがですねぇ~。
    私は説明書見ながらでも、上手く出来るかどうか?
    うちの分もお願いしたい気分です。
    2014年06月09日 15:40
  • アルクノ

    yoppyさんも未経験でしたか。
    お役に立てそうで良かったです。
    最初、このような事は皆さん経験済みかと思っていました。

    きっかけは、ホームセンターで網戸の網を見かけたことです。
    それで「素人にもできるんだ!」と思いました。
    数年前、最初は確かに凸凹になりましたが、網を買い足しながら数枚を張り替えていくうちにコツも分かってきました。
    今回は何の不安も無かったですね。
    道具で手間取りましたが、ゴムを押し込むのはスプーンでいいのかも知れません。
    道具は行方不明になるので、「残った網とセットで保管」がお勧めです。

    ゴムがひび割れていたら交換時期だと思います。
    網は樹脂製なので紫外線が沢山当たる所は劣化が早いです。
    今回浴室が数年後になったのは、日当たりの悪さがあったからです。

    もし不明な点があればコント欄にお願いしますね。
    こう書いた以上、アフターサービスもします

    網戸屋さんは困ったことになるかも知れませんね
    でも、この様に簡単にできるので、転職先を探した方がいいと思います

    レッツトライで挑戦しましょう
    2014年06月09日 17:00
  • アルクノ

    花咲か爺さんも挑戦しましょう
    道具もセットで購入すれば簡単にできちゃいます。
    失敗したとしても、網を変えるだけでOK牧場!
    ゴムは新品の場合再度使用できます。
    2014年06月09日 17:08
  • 小枝

    こんにちわ。
    素晴らしい手順と出来栄えですねヽ(^o^)丿

    うちも夫が割りとこうしたことは
    こなしてくれるほうで助かっています。
    ちなみに我が家での網の色は「黒」に
    しています。
    これが外の視界を最もクリアに
    すっきり見せてくれると知りまして。

    ご無沙汰しておりましたが
    これからまた少しずつお邪魔させて
    いただきますのでよろしくお願いします。
    2014年06月10日 12:09
  • やまびこ

    手順を見ているだけで気持ちが良いくらい上手な出来上がりですネ! 
    我家も裂けそうなところを発見して、アミの張り直しが必要と感じているところです。
    器用なご主人の奥様は幸せですね。
    2014年06月10日 18:07
  • アルクノ

    小枝さん、お褒め頂きありがとうございます

    御主人がなさるんですね。
    最近そのような方が増えてきているようで、嬉しです。出来る事はどんどん自分でやらなきゃと思っています。
    黒はいいと思います。
    我が家も道路に面している所は黒にしています。
    中から外はくっきり見えるし、外から中は見えにくいと言う利点がありますね。
    裏側はグレーにしていますが、道路面でまだグレーの箇所があり、そこは次回のお楽しみになっています

    小枝さんが再開されたので、これからもハートフルなレポートを楽しみにしていますよ。
    2014年06月10日 20:48
  • アルクノ

    やまびこさん、ありがとうございます。
    就労時は、手順書や基準書等を作成する立場だったので、分かり易くしようと心がけて書き上げました。
    出来栄えは普通なんで^^;
    そんなに技術を必要とする所は無いので、やまびこさんにも出来ると思いますよ。
    頑張って~
    2014年06月10日 20:57

この記事へのトラックバック

「アルクノのブログ」で2014年を振り返る(2015.01.01)
Excerpt: あけましておめでとうございます。 2015年も「アルクノのブログ」を宜しくお願い致します。
Weblog: アルクノのブログ
Tracked: 2015-01-01 00:48